あ り が と う が 聞 き た く て

スタッフコラム

ZEHについて

皆さん、最近注目度の高い「ZEH」をご存じでしょうか?Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、通称:ゼッチと呼ばれています。「ゼロエネルギー住宅」、つまり、「使う電力」よりも「創る電力」が大きく、年間消費エネルギー量の収支が「ゼロ」以下になる住宅なのです。電力消費を抑える断熱性や省エネ効果のアップ、そして太陽光発電などによる発電により実現します。そんな魅力的なZEHについて、詳しくご説明します。

 

政府は「2020年までに標準的な新築住宅がZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)となること」を目標としています。世界的にも地球温暖化ガスの排出は深刻な問題であり、各家庭での省エネにはとても重要な意味があるのです。「省エネ」にさらに「創エネ」を追加することで、使う電力と創る電力の差をゼロにするZEHに、今多くの注目が集まっています。

1.省エネ
住宅そのものの断熱性や気密性を高め、風通しや採光に配慮した造りにすることで、少ないエネルギーでも室内温度を快適に保ち、エアコンの使用頻度や強さを低減します。また、省エネ機器の導入により、電力消費量を最低限に抑えます。

2.創エネ
自然エネルギーを利用した太陽光発電システム、電気とお湯を同時につくる家庭用燃料電池エネファームなどを利用し、エネルギーを生み出します。

3.蓄エネ
太陽光発電などで創られたエネルギーを貯蓄し、発電時以外にも使用することができます。また、電気料の安い深夜にエネルギーを貯めておき、電気使用量の多い日中に回すことも可能です。

4.HEMS
電気の使用状況や発電状況などをリアルタイムで「見える化」し、節約しながら「賢く上手に使う」ことができるようコントロールする管理システムです。

 

これらのシステムはスマートハウスと同じですが、ZEHは年間消費エネルギーをゼロ以下にする住宅のことで、より省エネ性能・創エネ機能が高いということになります。

PAGE TOP